CREW

RoughSketch

Twitter  SoundCloud

1987年8月4日生まれ。Notebook Records(JP)主催。

日本の札幌を拠点にトラックメイカー、DJ、レーベルオーナーといった活動を行っている。

ハードコアテクノに様々な音楽の手法を加えた個性的なスタイルが特徴的。

オランダの老舗ハードコアレーベルMegarave Recordsをはじめ自主レーベルNotebook Records(JP)や

日本国内のbeatnation RHYZE、X-TREME HARD、HARDCORE TANO*Cなどのレーベルから

オリジナルトラック、Remixを発表している。

DJ Paul Elstak、Evil Activities、DJ Mad Dogといった

ハードコアテクノシーン最前線のDJによるMIX CDに楽曲が収録。

2012年にはHard Dance AwardsのBest International DJ Asia部門2位獲得。

2013年、This is Hardcore Remix Contestに入選するなど、国境を越えて高い評価を得ている。

2014年、KONAMIの音楽ゲームブランドBEMANIが主催する「beatnation RHYZE」にL.E.D.氏の推薦で加入。

同年、オランダ最大規模のダンスミュージックイベント

「Defqon.1 Festival 2014」のオフィシャルミックスCDに楽曲が収録。

オランダのブッキングサイト「RIGE BOOKINGS」に掲載。フットワークの軽さを発揮している。

DJとして活動も精力的である。

Dirty Bastards、HELLSYSTEM、RAYDEN、JUANMA、Angerfist、

DJ Hidden、Scott Brown、Human Resource、Gammer、Kutski、

Current Value、Suburbass、DJ Plagueなどのアーティストと競演を果たしている。

札幌で数少ないハードコアテクノイベント「YATSUZAKI HARDCORE」の主催も行っている。

自身レーベルNotebook Records(JP)の展開も活発。個性的なトラックのリリースはもちろん

Rayden、Endymion、Hellsystem、Nitrogenetics、THE SPEED FREAK、DJ Plagueといった

シーンの第一線で活躍するトラックメイカーのトラックをリリース。

日本のハードコアテクノを世界に、そして世界のハードコアテクノを日本に繋げている。


708 (Naoya)

DJ/Producer/Designer

Twitter

2013年にDJとしてのキャリアをスタートし、2015年にSHCに加入。

その後二年間は年間100本ペースで出演をこなし、ZealouzやDef Distortion,Super Sonic等国内の主要HARDSTYLE PARTYにも出演を果たす。

HARDSTYLEを札幌のクラブシーンに持ち込んだ第一人者であり、2016年よりHARDSTYLE PARTY"QOLD.1"を主宰。

同パーティはこれまでにMorphonics a.k.a.紙袋やCaZ、KAN TAKAHIKOらを招聘している。

2017年からはトラックメイカーとしての活動を開始。

これまでにXIOとの合作がYATSUZAKI HARDCORE VOLUME 7に、RoughSketchとの合作がMassiveCircleZ 7に収録されている。

音楽以外にも海外からインスピレーションを受けたFlyer Designや"HARDSTYLE COFFEE"といった活動を行い、多方面からHARDSTYLE SPIRITSを布教している。


Forgetek aka Yuhei Yamada

Twitter

札幌を拠点にDJ, フォトグラファー, プロスキーヤーと多彩な才能の持ち主。

第1回目のYATSUZAKI HARDCORE(以下ヤツコア)に大きな衝撃を受け、

2009年のヤツコアにてDJデビュー。そのまま運営にも携わる。

HARDTEKとDRUM'N BASSをMIXする独特なスタイルを持ち、

これまでにDr LoOney, Forvidden Society, Current Value, Ophidianらと共演。

札幌のみならず、大阪・名古屋・仙台など全国各地へ活躍の場を広げている。

フォトグラファーとして商業誌や広告写真のフィールドで活躍。

音楽関連ではヤツコアを始め、多数のライブやイベント、アーティスト写真を撮影。

また、機材に火を放ちハードコアテクノの視覚的表現を試みたヤツコアフライヤーシリーズは、

代表的な作品群として高い評価と知名度を得ている。

プロスキーヤーとして精力的に活動しており、ストリートやパークがメインフィールド。

崖やダムなど大きな構造物を攻めるのが得意。

TV番組や映像作品に多数出演し、滑り撮りのできるカメラマンとして重用されることも多い。

カナダ モントリオールで行われるiF3 VideoQuestでは2015年JapanPOVクラス優勝、2016はBest Filmingを受賞。

かぐら・苗場・神立など国内有名リゾートでのディガー経験も豊富。

プロモーション映像の撮影にディガーとしてブッキングされるほど高い評価を得ている。

14年から16年にかけて、さっぽろ雪まつりで行われている国内最大のシティビッグエア、

白い恋人パークエアのジャンプ台を制作・コース管理を担当し、ナイトセッションに出演。

毎回特大のスイッチバックフリップで3丁目を沸かせる。

割とよく転んで痛い思いをしているが、人より身体が丈夫らしい。

ウーファーが好き。


sada

Twitter  SoundCloud

札幌で行われているハードコアテクノオンリーパーティYATSUZAKI HARDCOREに

衝撃を受け2011年、フレッシュヤツコアにてDJデビュー。

秋葉原MOGRA モルモーグ、名古屋CLUB STREET ReDZoNe、WEEKEND RAVERS V.18など様々なイベントに出演。地元札幌ではGROOVE COASTER NIGHT、TANO*C TOUR 2016 HOKKAIDOのOPENING DJを努めるなど活躍の場を広げている。

現在ではYATSUZAKI HARDCORE、I/O/Pのレギュラーメンバーとして活躍中。


nora2r

Sapporo Hardcore Channel / Next Reflection

Twitter  SoundCloud

北海道出身。2007年頃からUK HARDCORE / HAPPY HARDCOREを中心としたトラック制作を開始。

ハードコアトラックに音楽ゲームのエッセンスを取り入れた楽曲を得意とし、2012年にKONAMI社「SOUND VOLTEX」シリーズの一般公募にて合格、

さらに2013年には無料音楽ゲームの大型コンペティション「THE BMS OF FIGHTERS 2013」にて、集まった435曲の中から総合点1位を勝ち取り、話題を呼んだ。

2016年春、イギリスのハードコアレーベル「THE FUTURE OF HARDCORE」の主催するリミックスコンテストにて1位を獲得。そのまま念願であった海外リリースを成し遂げた。

また2013年よりDJとしての活動も開始。音ゲークラブイベントからハードコアパーティまで様々なジャンルのイベントに出演、経験を重ねている。


Liqo

Twitter  SoundCloud

ネコを飼っている


XIO

Twitter  SoundCloud

力持ち


MATSUDA

Twitter

デカい


sige

Twitter

👮


Yudaidhun 

Twitter  SoundCloud

古い機材屋さん


!工事中!

Crewもっといるけど更新ちょっとまってね